ARで表示するコンテンツの例を紹介します。 コンテンツは提供していただくことも、新たに弊社で作成することも可能です。


3DCG

AR表示した際に実存感が出るため、非常にARと相性の良いコンテンツです。
製品やキャラクターの3DCGを表示することで、さまざまな角度からコンテンツを見て楽しむことができます。 現在はまだポリゴン数の多い3DCGはAR表示に耐えきれないため、ローポリゴンのものでテクスチャを工夫することで綺麗な3DCGを表現することが多いです。

使用可能なファイル形式:glTF(推奨)、obj、fbxなど

3DCGアニメーション

動く3DCGがこちらです。こちらも3DCG同様に360度楽しめるため、ユーザーが自由な角度からカメラを向けて楽しむことができます。
3DCGにアニメーションが加わるため、製品の使い方の説明やキャラクターなどのストーリーを表現することに適しています。 ただし、ファイルサイズが大きくなり過ぎることを防ぐために、基本的には繰り返し動作のような簡単なアニメーションになることが多いです。 また、3DCG同様にARでの表示に耐えられるような、ローポリゴンで作成することが多いです。

使用可能なファイル形式:glTF(推奨)、obj、fbxなど

動画

紙面の一部分を動かす際に使用します。 もしくは、空間に動画を浮かべたりする際にも使用します。
単純に紙面上でPR動画を再生することも可能ですが、紙面のデザインと連動して動画を流すことで、よりユーザーに驚きの体験を与えることができます。 動画だけでなく、ライブ配信を流すことも可能です。

使用可能なファイル形式:mp4など

画像

フォトフレームやクーポン、スタンプラリー、翻訳後のテキスト表示などに使用します。 紙面に載せきれなかった情報を提供できます。

使用可能なファイル形式:png(apng)、jpg、gif

※共通して全てのコンテンツのファイルサイズは、ユーザーへの負荷を考慮し、10MB以下を推奨しています。

コロナ禍にも最適
非接触の販促・マーケティングを実現する
専用アプリ不要のARサービス AR raton

お問い合わせはコチラ