ご利用可能なAR - ARの種類

マーカー型AR

マーカー型ARとは

「マーカー型AR」とは、枠線で囲まれたARマーカーを読み取ることで、指定した位置にコンテンツを表示・再生させるタイプのARを指します。

ARマーカーに用いる枠線は、黒で正方形のデザインが基本となりますが、黒以外の色や長方形でもある程度の認識は可能です。

デバイスの画面の向きや傾きのセンサー情報を取得し、「センサー型AR」と併用して実装することも可能です。

マーカー型ARの活用方法

雑誌や印刷物などに数種類のARマーカーを掲載し、それぞれのARマーカーから異なるコンテンツを表示・再生させることが可能です。

アクセスログでは、複数のARマーカーを通して閲覧されたコンテンツの閲覧数が個別に検証できます。

マーカー型ARの制限について

ARマーカーの認識率を高めるためには、「黒い正方形の枠」と「明暗がはっきりした枠内のデザイン」を合わせてご用意されることを推奨いたします。

グラデーションが用いられていたり、上下の判別がしづらいデザインは、認識率が下がる傾向にあります。認識可能な枠のデザインがされているものであれば、既存の印刷物や、アイコン、ロゴ等もARマーカーとして利用することができます。

ARマーカーの認識率はAR施策の成否に強く関わってくるため、raton開発チームでテストを実施することはもちろん、必要だと思われる場合には、デザイン調整のご提案も致します。

マーカー型ARのメリット

スマートフォンをARマーカーにかざす操作は、比較的ユーザーにとってもわかりやすいアクションであるため、利用されることが多いタイプのARとなります。マーカーレス型ARと比較した際の認識率も高く、安定した運用が可能です。

実績豊富なプランナーが、
貴社のプロジェクトに最適な
ソリューションをご提案致します!

お問い合せはコチラ