顔・指認識型ARとは

顔・指認識型ARとは、顔や指をAIを利用して認識し、ARコンテンツを表示するものを指します。
顔認識では顔の形、目・鼻・口の位置、輪郭など顔の特徴を認識し、指認識では左右の手を認識し、指定した位置にARコンテンツを表示させます。

顔・指認識型ARの活用方法

アクセサリー、アパレルなど顔や指の周辺にあるコンテンツを特定の箇所に表示することができます。
例えば、ピアスや、アパレルなどの販促と相性がいいです。 また、キャラクターの顔パーツなどを表示することもできるので、お面やマスクのような使用もできます。

顔・指認識型ARのメリット

他の認識方法とは違って、ユーザーの顔や指パーツの表情を読み取り、コンテンツを表現できる唯一の方法であることが最大のメリットです。

コロナ禍でも非接触の販促・マーケティングを実現できる AR raton