app less AR

アプリ不要のブラウザ型ARサービス

raton

Background

開発の背景

2016年頃から外資企業を始めさまざまな企業がARサービスをスタートさせており、コンテンツパワーの強いゲームアプリ・写真アプリが一大ブームになり世間一般の認知・興味・関心が高まってきています。しかし、ARサービスはスマートフォン専用アプリでの展開がほとんどで、一回のコンテンツ閲覧のためにアプリをダウンロードするユーザーが少なく導入ハードルが高いのが現状です。そこで、私たちは、よりスピーディーに利用できるブラウザ型ARサービス「raton」を開発致しました。

raton core point

ratonの特徴

ブラウザ型ARのraton(ラトン)の3つのポイント

ブラウザ上で起動したカメラでマーカーを読み取るだけで、ARコンテンツを再生致します。アプリと違いQRコードから簡単に起動できます。

  • QRコードからのカンタン起動
  • iOSとAndroidのアプリ作成費用不要
  • アプリリリース不要
  • アプリDLによるユーザーの離脱率の軽減
  • ブラウザ型によって海外ユーザーにも対応したAR
  • ARコンテンツの差し替えがスムーズに

「raton」は、マーカータイプのARだけでなく、マーカーレスARも高い認識率で実現しています。既存の写真やポスターなどのデザインに制限を付けることなく、ARコンテンツを再生することができます。

  • 高次元での安定性
  • 認識率の高いマーカーレスAR
  • マーカーを必要せず、デザインを損わないAR
  • 作成した印刷物をそのままARに
  • 実物の商品からAR起動
  • 広告物を作った後からAR導入が可能

他社のブラウザ型ARサービスは、カスタマイズ項目が決まったパッケージ型がメインでしたが、「raton」は、クライアント要望に合わせて企画設計からARソリューションの提供が可能です。

  • フルカスタマイズできるARプロモーションの展開
  • ARコンテンツの表示方法を0から企画可能
  • 作成した動画や3D/静止画コンテンツを使用したAR
  • 自社SNSに連動したAR
  • ARを活用した回遊施策の実現
  • 軽量化やクオリティ重視など様々な要望の対応

10/28リリース配信!ブラウザ型ARを雑誌にて本格導入しました。