フォトフレーム型ARとは

フォトフレーム型ARとは、ブラウザ起動後、すぐにカメラとARコンテンツを表示されるものを指します。
ARフォトフレームは、画面内の固定の位置に画像を表示すればよいため、カメラ映像から表示位置を特定する必要がありません。そのため、ARマーカーなどを認識させる手間なく、わかりやすいUIでAR体験をすることができ、最も安価に実現が可能です。

フォトフレーム型ARの活用方法

イベント用のオリジナルフォトフレームでの記念撮影に利用します。その他にも、目の前におみくじ筒を出現させるARおみくじなどにご活用いただけます。
ARコンテンツの表示までのステップが少なく、カメラをマーカーなどにかざすような体験がないため、AR体験としてはシンプルなものになります。

フォトフレーム型ARのメリット

マーカーなどの画像認識が必要なくコンテンツを表現できるため、認識技術のステップの大部分を省くことができます。 そのため、スピーディーな開発と低コストでの開発が実現できます。 また、ユーザーとしても利用が簡単なため、初めてのAR施策として大変オススメです。

コロナ禍でも非接触の販促・マーケティングを実現できる AR raton