センサー型ARとは

センサー型ARとは、スマートフォンのジャイロセンサーや加速度センサー、音声を利用するものを指します。
ユーザーの周囲にARコンテンツを表示させたり、スマートフォンを振ったりすることで、ARコンテンツを表示・再生することができます。音声を認識させてARコンテンツを表示することも可能です。
マーカー型ARと併用することもあります。

センサー型ARの活用方法

画面の向きや傾きのセンサー情報を取得することで、カメラを向けた方向にコンテンツ表示させることが可能です。
自分の周囲に隠れているおばけを探せ、といったハロウィンイベントなどで利用するようなイメージとなります。 その他にも、スマホを振ってビールかけをしたり、掛け声に合わせてモンスターを召喚したり、スマホのセンサー情報を活用したさまざまなアイデアが実現可能です。 また、マーカー型で認識が、不安定な場合の代用として活用することもできます。
例えば、マーカーの上にキャラクターを表示したい場合に、マーカーの認識率が低くキャラクターが消えたりしてしまう場合は、センサー情報を利用することで表示し続けることができます。

センサー型ARのメリット

マーカータイプとはまた違った、カメラの向きをさまざまな方向に向けるようなUXを体験させることができます。
マーカーなどの画像認識と比較して、センサーは外部環境に影響を受けづらく、ユーザーにとって使いやすいARとなります。 費用も安価に実現可能で、アイデア次第で非常に魅力的な施策になる可能性があります。

コロナ禍でも非接触の販促・マーケティングを実現できる AR raton