ご利用可能なAR - コンテンツの種類

利用可能な
コンテンツ一覧

ARで表示するコンテンツ例を紹介します。コンテンツはご提供いただく素材を用いることも、新たに弊社で作成することも可能です。まずはお気軽にご相談ください。

3DCG

AR表示した際に実存感を演出できるため、AR技術と非常に相性の良いコンテンツです。

製品やキャラクターの3DCGを表示する場合、ユーザーはさまざまな角度からコンテンツを見て楽しむことができます。現在はまだポリゴン数の多い3DCGはAR表示に耐えきれないため、ローポリゴンのデータを用いることが多い状況ですが、テクスチャを工夫することで綺麗な3DCG表現を目指すことが可能です。

使用可能なファイル形式: glTF(推奨)、obj、fbxなど

3DCGアニメーション

アニメーションで動く3DCGの表示・再生も可能です。こちらも3DCG同様にユーザーが360度さまざまな角度から見て楽しむことができます。

アニメーションにより表現の幅が広がるため、製品の使い方説明やキャラクターのストーリー説明などに適しています。 ただし、ファイルサイズが大きくなり過ぎることを防ぐために、基本的にはローポリゴンで繰り返し動作のような簡単なアニメーションを用いるケースが多いのが現状です。

使用可能なファイル形式:glTF(推奨)、obj、fbxなど

動画

PR動画の再生や、印刷された静止画を動画に差し替えて動きを見せたり、空中で動画を再生させることができます。

コンテンツは、収録/編集された動画だけでなく、ライブ映像の配信にも対応可能です。

使用可能なファイル形式:mp4など

画像

フォトフレームやクーポン、翻訳テキストの表示などに使用します。紙面に載せきれない情報をARコンテンツとして画像にふんだんに盛り込んだ事例もございます。

使用可能なファイル形式:png(apng)、jpg、gif

※共通して全てのコンテンツのファイルサイズは、ユーザーへの負荷を考慮し、10MB以下を推奨しています。

実績豊富なプランナーが、
貴社のプロジェクトに最適な
ソリューションをご提案致します!

お問い合せはコチラ