ご利用可能なAR - ARの種類

マーカーレス型AR

マーカーレス型ARとは

「マーカレス型AR」とは、ARコンテンツを表示させるためのトリガーとして、枠線で囲まれていないARマーカー(マーカーレスマーカー)を利用するものを指します。

マーカーを枠線で囲む必要がないため、写真・イラスト・アイコンなどに手を加えることなくそのままARコンテンツを表示するトリガーとして利用することができます。

デバイスの画面の向きや傾きのセンサー情報を取得し、「センサー型AR」と併用して実装することも可能です。

マーカーレス型ARの活用方法

ポスターや雑誌に掲載されている写真部分、会社やブランドのロゴをトリガーにしてARコンテンツを表示できるため、既に発行された印刷物や、デザイン性の高いクリエイティブにもARの導入が可能となります。

ただし、トリガーとして用いるクリエイティブによって認識率が大きく変わるため、実装〜調整段階で十分に注意を払う必要があります。また、ユーザーが"スマートフォンを写真にかざす"というアクションを理解できない場合も想定されるため、案内方法にも工夫が必要となります。

マーカーレス型ARのメリット

四角で囲ったマーカーが不要なため、既存クリエイティブのデザイン性を損なわずARを表示することが可能です。商品パッケージや紙面に掲載された写真など、既存の印刷物もそのまま使用することができます。

実績豊富なプランナーが、
貴社のプロジェクトに最適な
ソリューションをご提案致します!

お問い合せはコチラ