ご利用可能なAR - ARの種類

フォトフレーム型AR

フォトフレーム型ARとは

フォトフレーム型ARとは、ブラウザカメラの起動と同時にARコンテンツが表示されるものを指します。

画面内の固定の位置に画像を表示する形式のため、カメラの映像等から表示位置を特定する必要がありません。そのため、ARマーカーなどを認識させる手間もなく、わかりやすいUIでAR体験をすることができ、最も安価に実現が可能です。

フォトフレーム型ARの活用方法

オリジナルフォトフレームをコンテンツとして用い、イベント用の記念撮影等に利用されるケースが多くあります。

フォトフレーム型ARのメリット

マーカーなどの画像認識等を経由せずにコンテンツを表示するため、トリガー関連の開発ステップの大部分を省くことができます。そのため、スピーディーな開発と低コストでの開発が実現可能です。また、ユーザーにとってもカメラをマーカーにかざすような手順が無く操作もシンプルな形式であるため、ARやデジタルデバイスの操作に不慣れな層に向けた施策としても大変オススメです。

実績豊富なプランナーが、
貴社のプロジェクトに最適な
ソリューションをご提案致します!

お問い合せはコチラ