ユーザーの言語に合わせた言語対応

ユーザーの言語設定に合わせて、AR体験までのUIを多言語対応することができます。それによって、観光客や日本語がわからないユーザーに対してもAR体験までのナビゲーションを出せます。
もちろんコンテンツの出し分けもできますので、他言語で作った動画でイベントや商品紹介を作った場合、ユーザーの言語設定に合わせた動画を表示することができます。
アプリARでは難しかったインバウンド施策としても活用できます。

多言語対応に適したシーン

言語設定によってコンテンツが出し分けできるため、案内や紹介、テキストや音声がコンテンツのメイン訴求に関わってくるコンテンツの場合非常に役に立ちます。
逆に単純に3Dキャラクターを出すだけであったり、フォトフレームなどの施策の場合は、AR体験までのナビゲーションのみを多言語化すると効果的です。
また、言語によっての案内文を提供することでお問い合わせ件数の減少に貢献した事例もございます。

コロナ禍にも最適
非接触の販促・マーケティングを実現する
専用アプリ不要のARサービス AR raton

お問い合わせはコチラ